痛風を病院で治療して悩みを解決|治療ナビ

病院

風が吹いただけで痛む

看護師

尿酸値が高いと注意

痛風は「風が吹いただけで痛みがはしる」といわれるほど激痛を伴う病気です。痛風発作は前触れもなく起こることが多く、突然足の親指などの関節に骨折したかのような激痛が走ります。ひどいときは一人で歩くこともままならず、救急車を呼ばなければ病院に行けないこともあります。一昔前は痛風といえば中高年の男性に多い病気でしたが、最近では比較的若い20代や30代男性の患者が増えています。その原因は様々ですが、偏った食生活やストレスの増加が若い患者が増えている要因とも考えられています。痛風の痛みは血中に溶けきれなくなった尿酸が結晶化し、関節にたまることで起こります。痛風の治療には「尿酸」やその元となる「プリン体」のコントロールが不可欠になります。

治療と改善策

痛風発作の痛みは1週間もすると自然に治まることも多いです。しかし痛みがなくなったからといって放置しておくと再び痛風発作を起こす確率が高いです。そして次第にその間隔が短くなっていき、慢性痛風になってしまうこともあります。自己判断はせず医療機関を受診することが大切です。痛風治療は発作時には痛みどめや抗炎症剤など使用します。発作がないときは尿酸値を下げる薬や尿酸を排出しやすくする薬を使用することで発作を予防することができます。また痛風患者は、糖尿病や肥満などの生活習慣病も併発していることが多いとされています。病院での治療と併せて、アルコールや肉中心の食事、喫煙などを控え、生活習慣を見直し、根本的な改善をする必要があります。

内視鏡手術を受けるには

医者

ヘルニア手術を内視鏡によって行う場合、名医が手術すると傷口も小さくなるので身体にかかる負担を小さくすることができます。また、名医の場合はヘルニア手術にかかる時間も短いのが特徴です。ヘルニア手術を受けるなら、症例数が多く経験豊かな医師のいる病院を選ぶことが大切です。

この記事を読む

怪我などを治療する

看護師

神戸の整形外科の特徴は、公立や大学病院、総合病院などの大規模なものわ個人経営のところまで色々とあります。今後は、医療費の負担増や大病院への治療の負担増などによって、よりサービス、腕の良いところが生き延びていくことでしょう。

この記事を読む

手の痺れ、麻痺の原因

医者

後縦靱帯骨化症は脊髄の前を走る後縦靭帯が骨化する難病である。そのため、骨化した固い靱帯により脊髄が圧迫され、損傷し、手足の痺れや動かしにくさが出現する。特に注意すべきなのは首を後ろにそらす事と転倒である。悪化を予防する為に頸椎カラーを使用する事も1つの手段である。

この記事を読む

Copyright© 2016 痛風を病院で治療して悩みを解決|治療ナビ All Rights Reserved.