痛風を病院で治療して悩みを解決|治療ナビ

病院

内視鏡手術を受けるには

医者

患者の身体の負担を軽く

名医によるヘルニア手術では、患者の背中側に切開によって開ける穴もごく小さなもので済みます。開口部が大きすぎるとのちのち感染症などの危険性が高まるため、傷口を小さくおさえつつ確実にヘルニア手術を行う名医の腕が必要とされるのです。開口部からは内視鏡を使ったヘルニア手術が進められていきますが、この内視鏡の取り扱いにおいても名医ならではの熟練の腕が求められます。内視鏡を操る手元が狂うと、ヘルニア手術において最も肝要な「ヘルニアの部位を完全に除去する」という目的が完遂されないためです。内視鏡を使ったヘルニア手術は開発されてからまだ20年ほどの比較的歴史の浅い手術法なので、症例数を多くこなした名医によって行われることが望ましいのです。

所要時間もひとつの目安に

内視鏡を使ってヘルニア手術を行う場合、経験の浅い医師の場合だと1時間をはるかに超えても終わらないというケースのあることがわかっています。だいたい1時間程度であれば問題ないのですが、それをあまりに超えると患者の身体にかかる負担も大きくなるため、なるべく短い時間でなおかつ確実にヘルニア手術を行える名医のいる病院が患者から高い評価を得ています。本当に名医と呼ばれるような医師の場合は、半時間前後でヘルニア手術を終えられるともいわれています。こうした所要時間は症例数が増え経験を積むにしたがい短くなっていく傾向があるので、名医のいる病院かどうかを見きわめるひとつの目安になるといえます。もちろんヘルニア手術の内容が高いレベルであることも名医の必須条件なので、これまで医療事故がないことがわかっている病院を探すのもひとつの方法です。

Copyright© 2016 痛風を病院で治療して悩みを解決|治療ナビ All Rights Reserved.