痛風を病院で治療して悩みを解決|治療ナビ

病院

手の痺れ、麻痺の原因

医者

知っておくべき症状は何か

後縦靱帯骨化症とは、その名の通り後縦靭帯が徐々に変化を起こし骨になっていってしまう病気であり、難病指定されている。脊椎の中央には脊髄が走っており、その前後を後縦靭帯と、黄色靭帯が囲んでいる。この後縦靱帯骨化症では、脊髄の前方を走る後縦靭帯が骨化するために、脊髄が圧迫され、痺れや運動麻痺を引き起こす。その為、後縦靱帯骨化症で最も症状として自覚し易いのが、手の痺れと動かしにくさ、つまり感覚障害と運動麻痺である。他にもこの病気は頸椎、胸椎、腰椎で生じるため、手や腕のみならず、足の方でも痺れや動かしにくさが生じてしまう事がある。発症しやすいのは50歳以降の男性では発症し易い事が報告されている。手足のしびれや、動かしにくさを感じたら、この後縦靱帯骨化症を疑う事も重要である。

注意すべき動作は何か

後縦靱帯骨化症では、脊髄の前方を走る後縦靭帯と、後ろを走る黄色靭帯の内、後縦靭帯が骨化してしまう。この病気で注意すべき動作が、首を後ろにそらす事である。後ろにそらす事で、後縦靱帯骨化症により骨化してしまっている後縦靭帯が脊髄を圧迫し、黄色靭帯の方へ押しやってしまう。こうなると脊髄が圧迫されて手や足のしびれ、動かしにくさが強くなってしまう。その為、後縦靱帯骨化症で注意すべきな動作は後ろに首をそらす事である。また、その予防という意味でも、頸椎カラーという首に巻くコルセットを使用する事で、過度に後ろにそらす事を防ぐ事が出来る。また、骨化した後縦靭帯に常に圧迫を受ける脊髄は、軽微な外力でも損傷してしまう事があるため、転倒などには注意すべきである。

Copyright© 2016 痛風を病院で治療して悩みを解決|治療ナビ All Rights Reserved.